【COD:MW】アルファテストプレイレビュー!最新作のコールは面白いのか?

 







この記事を書いている人 - WRITER -
40歳過ぎのおっさんゲーマー。楽しいことを徹底追求。 昔はバリバリの高校球児だったのに、今では犬の散歩が唯一の運動。 気づけばインドア派の仲間入り、ゲーム・マンガ・映画などが大好き。 その影響で娘も、ゲーマー&Youtube大好きに・・・ とにかくこのブログでは、楽しい・役に立つ情報配信を心がけるよ!

8月24日から8月25日まで行われた、COD:MW(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)のアルファテスト。皆さんはプレイしましたか?管理人はがっつりプレイしてみました。COD2以降プレイしている(本格的にハマったのはCOD4)管理人が、アルファテストで遊んでみた結果、最新作のコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアは面白いのか?といった内容をレビューします。




実際に最新作CODは面白いのか?

COD:MW

最新作のコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアは面白いか?と聞かれれば、まだ所詮アルファテストをプレイしただけですが、面白いと言わざるをえません。管理人がコール大好きということもありますが、客観的に判断しても面白いです。まずは最近のコールシリーズ(BO3以降)は、未来戦を舞台としてスペシャリストといった固有の技を持つキャラクターを導入し、本来のCODシリーズとは異なる仕様を取り入れていましたが、今作は原点回帰としてそういった要素は除外して昔の古き良きコール オブ デューティに仕上がっていました。

 

アルファテストでは全部の武器や装備品は試せませんでしたが、銃を撃った感覚は昔よりもリアルになっていて遠距離ではリコイル(反動)が大きく、フルオートでは弾がやたらブレるなと思いました。もちろんアタッチメントなどにより、銃の制御はしやすくなったりするのかもしれませんが現時点で銃撃戦の部分のリアルさは、過去のモダン・ウォーフェアシリーズの中で最高のリアル感がでているなぁと管理人は感じました。

 

またヘッドフォンでしっかりと足音も聞こえるので、相手の位置をお互い読み合って非常に緊張感のあるバトルができました。パークやキルストが使えないのにも関わらず『相変わらず面白しれぇなコールは・・・』と納得せざるを得ない内容に仕上がっていました。これが50対50の大規模戦闘や、パーク・キルストといった要素が全て合わさった時・・・『こいつはやべえだろうな』と期待感を膨らませてくれました。

 

今作でも当然有利に戦闘を進めたければ、ヘッドフォンなどの音響機器は間違いなく必要ですね。上級者であればあるほど足音を聞いて位置を把握してくるので今のうちヘッドセットやヘッドフォンは用意しておけば、

 

でも一つだけ残念だったのが、相手に弾が当たった時の『プスプス感』がちょっと弱いかな?と思いました。やはりコールシリーズは敵に弾が当たった時の音・質感(弾が当たった感触)が最高にたまらない(私だけではないはず)のですが、今作では『ん?ちょっとプスプス弱い』と思いました。

 

武器もSMG、AR、SG、SR、HGとアルファテストで様々な銃を使うことができたので、銃の挙動やクセなどをいろいろ感じることができました。今後のアップデートで使用感などは変わると思いますがどの銃もリアルな挙動を示していました。

 

各プレイヤーの『歩く』『走る』『銃を撃つ』といった動作なども非常に良く、FPSならではのキャラクターと操作プレイヤーが一体となっている感じがしっかりと表現されているのでほんの一部しか解放されていないアルファテストでしたが、非常にコールらしさが出ていましたので9月12日からのベータテストに更なる期待をしたいところです。

 

アルファテストでプレイできたモード

COD:MW

今回のコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアのアルファテストで遊べたモードは『GUNFIGHT』というモードで、2対2のチーム戦でした。キルストやパークの使用はできず、純粋に銃のみで相手を倒すシンプルなモード。また銃は自分で選択できず試合開始時に全員同じ武器(アタッチメント)、装備品で戦うので己のエイム力と立ち回りのみで戦わなくてはならないので自身の腕が試されます。

 

COD:MW

また途中から『GUNFIGHT:OSP』というモードが追加され、試合開始当初は何も持たない状態からスタートしマップの各所に配置されている武器や装備品を自分で取得し戦うモードです。強武器の位置や装備品の場所を覚えさえすれば、相手よりも戦闘が有利になります。画像のとおり試合開始直後は何も持っていません。

 

ガンファイトの動画をアップしていますので、アルファテストをプレイできなかった方は臨場感をお楽しみください。

 

動画を見てもらうと分かるとおり、キルストは無くて武器や装備品も全員同じなので単純に立ち回りとエイム力で勝負するシンプルモード。私は恐らく製品版が出たら地味なモードなので多分やりません(笑)ガンファイトモードで相手をたくさん倒せる人は、自分の成績を上げる(キルレアップ)ためにこのモードを回せば恐ろしい成績になるかもしれませんね。

 

アルファテストプレイレビューまとめ

3日間という短い間で実施されたコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアのアルファテストでしたが、ほんの一部のモードしかあそべませんでしたが、非常に満足した内容でした。期間中もアップデートが入ったりして運営の本気度がみられました。ここ最近のコールシリーズは、2段ジャンプができたりスペシャリストといった固有キャラが使用できたりと、少しスポーツFPS的な要素がありましたが今作では非常にシンプル(というかCODの原点)に、原点回帰となっています。

 

私はCOD歴が長いので、様々な理由でコールを引退したプレイヤー見てきました。その多くが、AW(アドバンスドウォー)やBO3、IW(インフィニットウォーフェア)で2段ジャンプや固有キャラまた世界観が未来であったりした、コールシリーズは賛否両論ありCOD4~BO2から遊んでいたプレイヤーには、新しい試みのCODシリーズは受け入れられないことも多くありました。

 

私の場合はどのコールシリーズも基本的に全てを受け入れて、大幅な仕様変更があってもそれなりの時間を費やして遊びました。でも今回は私が一番コールシリーズで莫大な時間を費やして遊んだ『モダン・ウォーフェア』シリーズの最新作ということもあって、非常に大きな期待をもってアルファテストに臨みましたが、期待通りの仕上がりでアルファテストについては非常に満足しました。

 

コールシリーズのAW、BO3、IW、BO4で『コールシリーズは終わった・・・』と思って離れていた人も、今作でもう一度戦場に参加したほうがいい!と断言できます。昔のMWシリーズが大好きだったプレイヤーにとっては、今作はかなり期待できると言えるでしょう。

 

次回2019年9月に行われるベータ版に参加して、再度戦場に復帰するのも良いのではないでしょうか?

オープンベータの参加方法はコチラ




関連記事

【COD:MW】マルチプレイヤーモードリーク情報|地上戦が復活!?

【COD:MW】200人規模のバトルロワイヤルが実装?信憑性は高いとの情報

【COD:MW】最新武器情報がリーク!今作は47種類の武器が存在?サブマシンガンが強い?

【COD:MW】パーク・装備品・スキル情報がリーク!過去作よりも種類が豊富!?

【COD:MW】最新キルストリーク情報がリーク!AC-130も復活か?

この記事を書いている人 - WRITER -
40歳過ぎのおっさんゲーマー。楽しいことを徹底追求。 昔はバリバリの高校球児だったのに、今では犬の散歩が唯一の運動。 気づけばインドア派の仲間入り、ゲーム・マンガ・映画などが大好き。 その影響で娘も、ゲーマー&Youtube大好きに・・・ とにかくこのブログでは、楽しい・役に立つ情報配信を心がけるよ!










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おっさんゲーマー趣味の部屋 , 2019 All Rights Reserved.