RAGE2を遊んでみた感想|面白いクソゲー【ゲーム序盤】

 







この記事を書いている人 - WRITER -
40歳過ぎのおっさんゲーマー。楽しいことを徹底追求。 昔はバリバリの高校球児だったのに、今では犬の散歩が唯一の運動。 気づけばインドア派の仲間入り、ゲーム・マンガ・映画などが大好き。 その影響で娘も、ゲーマー&Youtube大好きに・・・ とにかくこのブログでは、楽しい・役に立つ情報配信を心がけるよ!

管理人がちょっと気になっていたゲームRAGE2で遊んでみた感想を、率直にこちらの記事で書き留めておこうと思います。まだRAGE2プレイしてゲーム序盤ですが率直な意見としては予想以上に面白い、だけどクソゲーだということが分かりました。

 

こちらの記事を読んで下さった方の中には『おいRAGE2はクソゲーなのか、神ゲーなのかはっきりしろ!』と、突っ込みたくなるかもしれませんが実際に遊んでみると面白いというのは間違いありません。ですが残念ながら『え?』と思うような思うような点もありますので、RAGE2で遊ぼうかどうか迷っている方はこちらのレビュー記事を参考にしてみてください。




ストーリーについて

RAGE2

まず初めにストーリー、オープニングからえらそうなおっさんが何か旧人類を滅ぼすために、戦争をする・・・そんな感じの内容だったと思います。ぶっちゃけ内容は覚えていません(笑)まず前作をプレイしておらず完全初見プレイなので、どうやら前作と話がつながっているようですが頭に入ってきません。そもそも前作から8年経っているので、仮に前作をプレイしていたとしても、きっと覚えていなかったでしょう。

 

RAGE2

あと私の頭に入らない理由は、オープニングのストーリー設定が何か近未来的な時代背景っぽいところにあります。私は近未来の時代設定があまり好みではなく(現代または昔が好き)、オープニングムービーはスキップしませんでしたがどうも見ていてもつまらない・・・だから頭に入ってきませんでした。見ていて『パッケージと何か違うじゃねえか!』と若干騙された気分にもなっていました。※オープニングが終わったら何か一気に世界観が良い意味で変わってきます。

 

RAGE2

ネット上でもRAGE2のストーリーは薄っぺらいと言われておりますが、オープニングから序盤に関してはそのようには見受けられませんでしたが、私はRPG以外のジャンルで特にストーリーの内容についてはあまり求めていないので、ストーリー重視でない人であれば特に問題なく楽しめると思います(この後システム面などを紹介)

 

ゲームシステム面について

RAGE2

まずなぜこのRAGE2を買おうかと思ったのか?といえば、トレーラーなどを見て純粋に面白そうと思ったからです。戦闘やトレーラーだけ見ると何かボーダーランズシリーズを感じさせてくれたからです。嫁とも『何かボダランに似てねえか?』という話になりプレイしてみようと思ったのがきっかけです。でもふたを開けてみると当たり前ですが、システム面でボダランと似ている部分もありますが基本的には違うということが判明。(事前に予習しておけよっていう話ですね。)

RAGE2

システム面ではいい意味で期待を裏切られて、私好みのシステムが採用されていました。RAGE2では複数のクラスなどの概念はなく、一人のキャラクターを育てていきます(女性・男性キャラクターは選択できます)。RPG的な要素を取り入れています。ただし経験値というものは無く、敵を倒したりミッションをクリアして手に入れられる(マップ上からも入手可能)、フェルトライトという鉱石(クリスタル)を集めて、ナノトライトというスキル・アビリティを解除していき自キャラを強化していきます。

 

各ナノトライトを解除すると同時に、さらにPERK(スキルツリーのようなもの)を併せて解放していきどんどんキャラクターを強化し、更なるヒャッハー状態を築き上げることが可能です。

ナノトライト一覧はこちら※現在作成中

RAGE2

また武器も同様にフェルトライトを使用して強化していきます。武器レベルを解除したのち、武器モジュール(リロード速度をアップさせたり、マガジンの装弾数を増やしたり)を利用可能にし銃自体を強くしていく仕様です。武器ドロップではなく、あらかじめゲーム内に実装している武器を強化していくスタイルです。

 

武器一覧はこちら※現在作成中

RAGE2

またプロジェクトもキャラクターを強化する要素の一つでツリー構成になっており、ストーリーを進めていくことでプロジェクトポイントを入試してツリーを解除していくことで、キャラクターの能力が上がっていきます。

 

プロジェクト一覧はこちら※現在作成中

 

メインストーリーやサブミッションをこなしながら、フェルトライトやプロジェクトポイントなどを集めてキャラクターを成長させ、より派手でスリリングな戦闘がどんどん展開できるのでゲームを進めていくことで爽快感が増していきます。

 

RAGE2の残念な点(序盤時点)

このゲームの売りは派手なバトルと爽快感なはずなのですが、思ったよりも敵の出現が少なくて序盤でヒャッハーできるのが各メイン・サブミッションを開始したときだけです。車でワールドを移動中にもっと敵を出現させても良いのかな?と感じました。ちなみに私は4種類ある難易度のノーマル(2番目に簡単)でプレイしてみましたがそれが影響?しているのでしょうか。

 

ボーダーランズシリーズやディビジョンだと、マップ上に敵がいろいろ湧いてくるのでいつでもバッチこいの戦闘状態になるのですが、RAGE2ではマップ移動中に数人の敵が出現するのみでもっとヒャッハーしたい私には、少し物足りない感じです。もっと銃を使う場面をこれでもか!というくらい使用させてくれても良いのでは?と思います。RAGEではファストトラベルも用意されているので、戦闘をしたくない人はファストトラベル、戦闘をしたい人のために移動中は敵が無尽蔵に湧くくらいの方が、ストレス解消になるのでここは今後のアップデートに期待です。

RAGE2

もう一点残念というか面倒くさい点があります。メイン・サブミッションをクリアすると無条件でもらえる報酬がありますが、そのほかにも自分でアークチェスト・保管容器という自分でアイテムを探さないといけない点です。なぜかミッションクリア後に『追加報酬は自らの手でつかみ取れ!』みたいな面倒くさい要素があり、これがストーリーのテンポを悪くしています。

 

結構この容器とかが絶妙に分からないところにあったりして、全部見つけるのに20分とかかかったりしました(笑)サクサク戦闘を楽しみたいのに、ミッション後は宝探し・・・まあ別に無視すれば良いのでしょうが何せA型なものなので、コンプリートしなくては気が済まないのでそういったこだわり気質の人は要注意。こういった要素を無視できる人はうらやましい。

 

現時点で私的なRAGE2の残念な点です。

 

RAGE2のここが素晴らしい!

RAGE2

オープニングは何か近未来的な映像が流れて、ちょっと失敗したかな?と思いきやゲームが始まったら全然違ってきて、パッケージのようなモヒカンや肩にとげとげの着いたやつらが出現してきて、マッドマックスや北斗の拳を思い出させる正に世紀末的な雰囲気が出てきているじゃないですか!

こちらは実践プレイ動画です。もっとオーバードライブをガンガン使えば、爽快感は増します。なぜか動画で一回しか使っていませんでした・・・

 

ミッションではそれなりに敵の数が出てくるので、ガンガン銃を撃ちまくり敵をバッタバッタとなぎ倒せるので、日ごろの仕事のストレスが解消できます(笑)とりあえずバトル中や、キャラクターを育てるといった要素は非常にいいですね。ストーリーがどうであれ、それ以外の要素で純粋に楽しければ問題なしです。

 

RAGE2

またザコキャラだけ倒すのも飽きるよね?と思う方でも大丈夫!一応中ボスみたいなでかい敵も出てくるので、難易度てきな物足りなさはところどころで解消します。俺強え~だけでなく、でかい奴とタイマンで自分の実力を出し切れ!

 

RAGE2の感想まとめ

RAGE2は面白い要素とクソゲーな両面を持ち合わせたゲームです。合う人には合うし、合わない人には全く合わないと思います。

 

私のように

・FPSが好き

・キャラを育てるRPG要素が好き

・ストーリー重視ではない

こんな方は楽しめるのではないでしょうか?あとは今後追加の無料DLコンテンツも追加になるようなので、アップデートにも期待したいところです。可能であればCo-opの実装でもしてくれるとより一層楽しめると思います。フレンド同士でヒャッハーできたら最高です。

created by Rinker
ベセスダ・ソフトワークス
¥3,790 (2019/10/18 12:37:34時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

レイジ2(RAGE2)の評判は?ネット上の感想・レビューまとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
40歳過ぎのおっさんゲーマー。楽しいことを徹底追求。 昔はバリバリの高校球児だったのに、今では犬の散歩が唯一の運動。 気づけばインドア派の仲間入り、ゲーム・マンガ・映画などが大好き。 その影響で娘も、ゲーマー&Youtube大好きに・・・ とにかくこのブログでは、楽しい・役に立つ情報配信を心がけるよ!










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おっさんゲーマー趣味の部屋 , 2019 All Rights Reserved.