Play to Earn最近流行りのAxie Infinity(アクシー・インフィニティー)!

 
Play to Earn最近流行りのAxie Infinity(アクシー・インフィニティー)!
この記事を書いている人 - WRITER -
40歳過ぎのおっさんゲーマー。楽しいことを徹底追求。 昔はバリバリの高校球児だったのに、今では犬の散歩が唯一の運動。 気づけばインドア派の仲間入り、ゲーム・マンガ・映画などが大好き。 その影響で娘も、ゲーマー&Youtube大好きに・・・ とにかくこのブログでは、楽しい・役に立つ情報配信を心がけるよ!

 

皆様はPlay to Eranというフレーズを聞いたことがあるでしょうか。簡単にいうとゲームで遊んでお金を儲ける概念です。eスポーツでのプロゲーマー出なくても稼げるゲームですので最近注目されています。特に人気があるのがAxie Infinity(アクシー・インフィニティー)というブロックチェーンゲームで、毎日ゲームをしているだけで仮想通貨がもらえる代物です。今回はそんなAxie Infinityについての記事です。

 

Play to Earnとは?

Play to Earnはそのままの意味で、「遊んで稼ぐ」を意味します。最近では有名になってきていて、有名なゲームで言いますと、オンラインカジノゲームやブロックチェーンゲームなどがあります。オンラインカジノゲームの場合はギャンブル性が強く安定した収入ではありませんが、ブロックチェーンゲームは比較的安定した収入があります。ただ、その収入が仮想通貨によるものですので、変動も激しくリスクもあります。

 

ブロックチェーンゲームとは?

まず、ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨などで使われているブロックチェーン(分散管理台帳)というテクノロジーを使用したゲームです。ゲーム自体は普通のゲームで、普通のゲームと大きく異なるのが、ゲームをプレイするためにイーサリアム(Etherium)などの仮想通貨を入れるためのウォレットが必要なことです。

しかし、なぜ仮想通貨のウォレットが必要なのでしょうか。実はブロックチェーンゲームはそのほとんどがNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)を使ったゲームだからです。今回紹介するアクシーインフィニティもNFTがなければプレイすることもできません。

 

NFTとは?

NFTとは、ブロックチェーンのテクノロジーを使ってコピーや改竄できるものにも資産価値を持たせる技術のことです。簡単に言えば、コピーができるデジタルデータに唯一無二の価値を与えることができます。今はやりのNFTでは、一つのデータに億の値段がついたり

 

Axie Infinity

Axie Infinity(アクシー・インフィニティー)は、ベトナムのスタートアップ会社で2018年にリリースされたブロックチェーンゲームです。もっと詳しくいうと、NFTを使用したブロックチェーンゲームでNFTゲームとも言います。ですので、世界で一つしかない複製不可能なキャラクターを使ったゲームとなります。

Axie Infinityではゲーム内で仮想通貨を手に入れたり、NFTのモンスターやアイテムなども売却できたりします。モンスターを配合して新しいNFTも手に入れたりとゲーム感も溢れるところもありますが、手に入れた新しいNFTも販売が可能ですので、まさにPlay to Eranです。

このように、仮想通貨を稼いで、法的通貨に変えれることからも、近年稼げるゲームとして人気を集めています。最近では平均収入低い東南アジアや南アメリカで流行ってきています。フィリピンでは、Axie Infinityで得た利益だけだけで生計を立てている人がいるほどの人気があります。

 

Axie Infinityはどんなゲーム?

Axie Infinityは、NFTであるAxie (アクシー)というモンスターを集めて戦わせる対戦ゲームです。戦わせる方法は、ストーリーで進む対コンピュータ戦の「アドベンチャー」と対人戦の「アリーナ」の二つの方法があります。

アドベンチャーでは、アクシーのレベル上げなどができ、クリアすることによって仮想通貨がもらえます。

ポケモンを思い出させる対人戦の「アリーナ」では、レベルは関係なくアクシー自体の能力で戦うことになります。レアなアクシーほど強く、それだけ高い値段で取引がされます。

 

実はこれはあくまでβゲームの内容なのです。今のところでは対戦ゲームだけですが、運営情報によるとこれからもっとアクシーたちを使用したゲームを発表していくとのことです。これからのゲームにも期待が持てますね。

 

Axie Infinityではどうやって稼ぐの?

Axie Infinityでは、主に2つの方法で稼ぐことができます。一つはゲーム内でSLPかAXS という仮想通貨を手に入れ、ドルや円などの法的通貨に換金する。もう一つの方法はゲーム内で手に入れたNFT(モンスターやアイテム)をマーケットで売るという方法です。それでは詳しく説明していきましょう。

 

ゲーム内での仮想通貨

SLP(Smooth Love Potion)

SLPはゲームをプレイをしていくうちに入手できます。アドベンチャーモードでは1日に対して上限で50SLPを手にすることができます。さらに、デイリークエストをこなすと25SLPを手にすることができます。ですので、毎日プレイするだけで75SLPを入手することができます。

 

AXS(Axie Infinity Shards)

AXSはSLPと同じでゲームをプレイしていく中で手に入る仮想通貨です。ですが、プレイする皆が手に入るわけでなく、対人戦のアリーナで勝利して上位ランクに上がらなければ手に入りません。そのため、入手難易度が高い仮想通貨です。

 

SLPとAXSは仮想通貨ですので、手に入れたら自分のウォレットに送金が可能です。さらに、バイナンスなどの取引所で法的通貨と換金できますのでお金稼ぐことができるということです。

 

NFT(モンスターやアイテム)の売買

Axie Infinityでは、モンスターをブリード(配合)して増やして売ったり、ゲーム中で手に入れたアイテムを売ったりすることができます。公式サイト内での売買のためイーサリアムでの値段ですが、常時アメリカドルでの値段で見ることができます。

モンスターのブリードでは、SLPを使用してブリードが行われます。SLPはお金にも変わりますが、ゲーム内では必要なポイントでもあります。モンスターをブリードする回数が7回と決まっているため、よく考えてSLPを使いましょう。

Axie Infinityを始めるには

Axie Infinityを始めるのには少々面倒で、メタマスクやRonin Walletなどでアカウントを作成する必要があります。さらに仮想通貨に疎い人にはちょっとややこしく、バイナンスやコインチェックなどの仮想通貨取引所でもアカウントが必要となります。

一番問題となるのが、Axie Infinityを始めるに当たって最初にAxie(モンスター)を3体購入する必要があります。サイトのマーケットで売られているAxieたちはステータスによって価格が異なります。もし儲けるためにゲームをプレイする場合はよく考えた上での購入をお勧めいたします。ステータスのいいモンスターを3体揃えるとなるとおおよそ15〜20万円が必要となります。理由としてはSLPを効率よく手に入れるためには強いAxieの方が有利だからです。

 

Axie Infinityのリスク

Axie Infinityで儲けることを考えている方にはリスクについて考えていきましょう。

初期費用が高い

ゲームをするのにお金がかかるのは誰でも承知のことですが、始めるだけで10〜20万円が必要になると考えものです。初期費用を回収するだけでも4〜5ヶ月かかると言われています。さらに回収するのには毎日数時間の費やすことも考えなければなりません。副業だと思えば続けられる人もいますがそうでない人もいるかと思います。

仮想通貨の価格

SLPやAXSは仮想通貨です。他の仮想通貨同様で価格が常時変動いたします。今ではSLPは10円以下となっていますし今後もっと下がる可能性すらあります。ですが上がる可能性もありますので、チャンスと見るかどうかはその人次第です。価格の変動によって初期費用の回収にも関わってきますので、要チェックです。

ゲームのルールの変更

ゲームのルールも変更された過去があるAxie Infinityでは、これからも運営がその都度変更する可能性があります。前回の変更は、1日でもらえるSLPの上限を150から75へと下げる変更でした。 このように変更される可能性もゼロではないので、ゲームではなく稼ぐために始める方には嬉しくないお知らせです。

 

フィリピンでの人気の理由

フィリピンなどの国ではドルの価格が自国の通貨より高いため、外貨での報酬がもらえるAxie Infinityはとても人気で副業ではなく、本業として取り組む人たちまでいるそうです。ですが、初期費用が高いAxie Infinityでは、誰でも始めれるものでもなく、最近流行っているのAxie を持っている人がAxie を貸して報酬を山分けするスカラーシップです。契約にもよりますが、SLPの報酬の6割をもらうこともでき、フィリピンで流行っているそうです。

 

まとめ

Axie Infinityは、ブロックチェーンゲームでも一番人気のゲームとされています。人気の理由はもちろんPlay to Eranのコンセプトを利用した、「遊んで稼げる」を現実化したからではないのでしょうか。これからもこのようなブロックチェーンゲームがどんどん出てくるのではないのでしょうか。Axie InfinityでもAxie を使用した他のゲームも開発中ですので、今始めてもまだ遅くないのかもしれません。今後が十分期待できるとても将来性のあるゲームです。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
40歳過ぎのおっさんゲーマー。楽しいことを徹底追求。 昔はバリバリの高校球児だったのに、今では犬の散歩が唯一の運動。 気づけばインドア派の仲間入り、ゲーム・マンガ・映画などが大好き。 その影響で娘も、ゲーマー&Youtube大好きに・・・ とにかくこのブログでは、楽しい・役に立つ情報配信を心がけるよ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おっさんゲーマー趣味の部屋 , 2021 All Rights Reserved.